前髪をブローしているときに、
 
スプレーを根元にかけようとして、
 
ブロックを持ち上げると、細く短い毛が下を向いたまま…
 
そんな経験はありませんか?
 
この短い毛、ブラシでもすくえないし、
 
額にくっついて、顔の輪郭をじゃまして何だかやぼったいんですよね。
 
そこで今回はおでこの生え際に生える短い毛について調べてみました。
 
この記事を読めば、
 
最近、生え際に短い毛が増えてきた…というあなたに
 
ぴったりの解決策も分かりますよ!

おでこの生え際の短い毛をどうにかしたい!

 

短い毛は細い髪なの?でも伸びない…

おでこの生え際の髪は、産毛と呼ばれて、
 
ある程度までしか伸びない性質があります。
 
当然、顔に生える産毛よりは太く、色も濃いですが、
 
髪の毛よりもずっと柔らかく、毛先も細いといった特徴があります。
 
中には、髪の毛に似た太さで、
 
しかも量がすごく多い、という人もいますが、
 
産毛と髪の毛との見分け方は、
 
・ ある程度までしか伸びない
 
・ 毛先が細く、カットされた形跡がない
 
という二点です。
 
 
 
実は、産毛はおでこに限らず、
 
こめかみや両耳の周り、うなじにかけて、
 
生え際全体をぐるっと囲むように生えています。
 
学生時代、ポニーテールをつくった時に、
 
産毛が残っていると、おしゃれじゃないので、
 
必死にうなじの後れ毛をジェルで固めた記憶があります(笑)
 
ただ、やはり額は毎日鏡でよく見る部分の上、
 
人から見られる部分でもあるので、
 
おでこの短い毛は気になる度合いがぐんと高いですよね。
 

おでこの短い毛が気になる理由とは?

真正面で鏡に向かった時に、おでこの短い毛が気になる理由は、
 
2つに分けられます。
 
1つは、肌に髪の色の影がかかるので、
 
なんだかやぼったい、洗練されていないイメージになること。
 
特に、額はすっきり出すか、
 
厚めの前髪で隠すか、という2択になりがちなので、
 
おでこを出して見せたいときには、扱いに困ります。
 
 
 
もう1つは、柔らかすぎて、まとまりにくい上に、
 
汗ですぐセットからはぐれてしまうこと。
 
 
一日中落ち着いていれば、肌に影もかからなくていいんですが…
 
もしかして、この産毛、
 
思い切って全部剃った方がいいんでしょうか?

剃る?剃らない?おでこの生え際!

おでこの産毛を剃るのは、美容師さんでも意見が分かれるようです。
 
理由は、どれだけ剃っても太くならないし、
 
ある程度までしか伸びないし、また生えてくるから。
 
また、剃る作業が難しくて、
 
ホームケアだと髪の毛まで剃ってしまうこともたびたびあり、
 
おでこの生え際が生えそろうまで、大変な思いをする人もいるようです。
 
 
ただ、髪の生え方は十人十色で、
 
産毛のベルトともいうべき、生えるエリアの広さも濃さも違います。
 
あなたに合った処理は、
 
まず美容師さんに相談することをおすすめします。

それでもおしゃれを楽しみたい!

女性芸能人の中には、産毛の形も個性として、
 
額を大きく出したスタイルが定番の人もいますね。
 
ただ、産毛のボリュームが大きいと、
 
何だか決まらない、という印象になるのも事実です。
 
そんなときは、深く前髪を作って、
 
上からかぶせることで隠す方法や、
 
広めのターバンで頭頂部方向に集めて押さえるのがおすすめ。
 
特に、ピンよりも、ターバンの方が落ち着きやすいですし、
 
カチューシャでは浮きがちな短い産毛も、
 
ターバンならしっかりキャッチしてくれます。

おでこの生え際に短い毛しか生えなくなったら、赤信号?!

人それぞれ、髪の太さやボリュームが違うように、
 
産毛のベルトの太さや濃さは千差万別です。
 
ただ、自分の額を見ていて、
 
産毛が増えた、と感じるようなら、要注意。
 
生え際で薄毛が進んでいるのかもしれません。
 
 
 
本来、髪の毛は産毛よりも太く、長く伸びていきます。
 
これは、ヘアサイクルという毛の寿命の長さが異なるためです。
 
髪の毛の寿命は4年~6年程度あるところ、
 
産毛の中でも、顔や腕に生えるものは数か月で抜けてしまいますが、
 
生え際の産毛はその中間ぐらいの寿命です。
 
このことから分かるように、
 
もし、髪の毛が生えていたエリアに産毛が生えるようになったなら、
 
髪が本来のヘアサイクル、寿命を全うできず、
 
毛根から早期に離脱してしまっているということなんです。

薄毛の原因はさまざま…でも、自宅でできるケアも!

薄毛になるのは、髪が抜けた後、
 
次に生えてくるべき髪が生えてこないことが原因です。
 
毛根に髪を生やす力がなくなるのは、
 
・栄養不足
 
・ストレス過多の生活
 
・睡眠不足
 
などが理由に挙げられますが、
 
基本的には、毛根に栄養が届きにくくなるためなんです
 
 
 
毛根には、頭皮の毛細血管を通じて栄養と酸素が届けられています。
 
食事のバランスが乱れると、
 
髪を育てるのに必要な栄養が摂れなくなりますし、
 
ストレス過多や睡眠不足は、
 
自律神経のうち、交感神経のはたらきを強くするため、
 
からだ全体がリラックスできず、血行が悪くなってしまうのです。
 
それを解消するには、バランスの取れた食生活と
 
ストレスを溜めない生活を送り、
 
質の良い睡眠を摂ることが基本ですが、
 
全身の血行を促進するため、軽い運動も役立ちます。
 

忙しいあなたにおすすめなのは、「ついで」ケア!

抜け毛のケアに興味はあるけど、
 
忙しくて、夜遅くに運動もできないし、
 
食事も外食やコンビニが多い…というあなたにおすすめなのは、
 
意外かもしれませんが、毎日使うシャンプーを変えること
 
特に、女性向けの育毛を考える会社がつくるシャンプーは、
 
髪と頭皮をいたわる処方がされているので、
 
髪の根本で健康な髪を育てるながら、
 
今ある髪のハリ・コシを育てるという
 
両方のアプローチが一度にできるので、おすすめです。
 
どうせ毎日お風呂に入り、髪を洗うのですから、
 
「ついで」にできる薄毛対策が一番いいですよね
 
 
 
 
おでこの生え際にある短い毛の正体は、
 
毛としてのプログラムから、ある程度以上は伸びない産毛でした。
 
人によって濃さや量が違うため、
 
自分に合った処理はいつもの美容師さんと相談するのがいいですね。
 
また、今まで髪の毛だった部分に短い産毛が増えてきた場合は、
 
抜け毛が進んだサインかもしれません。
 
普段の生活習慣を整えると同時に、「ついで」ケアで、
 
まずは髪と頭皮に優しいシャンプーから始めるのがよさそうですね。

Related Post