最近、美容院に行きにくいので、つらいです。
 
だって、髪の毛がめっきり細く、少なくなってしまって。
 
 
 
そろそろカットしに行かなきゃ、とは思うものの、
 
美容師さんに薄いな、と思われないかとか、
 
髪が少なくてセットは無理と言われるんじゃないか、とか
 
行く前から心配になって、
 
予約の電話さえしづらいんですよね。
 
 
 
でも、自分でカットなんて、後ろまでできるわけないし、、
 
と後ろ向きになってしまっていました。
 
 
 
そんなときに、誕生月に美容院から葉書が届いたので、
 
思い切って行ってきました。
 
そして、美容師さんに、
 
美容院に行きにくい、髪が薄いから!って
 
打ち明けてきたんです。
 
 
 
そしたら、髪の量が減った、と思い始めたら、
 
ぜひ、来て美容師に相談してほしい、と
 
色々アドバイスをもらってきました。
 
 
 
もし、あなたが美容院に行きにくい、と思っているなら、
 
今回の記事をぜひ参考にして、
 
一つ、髪の毛にまつわる心配を減らしてほしいです。
 
 
 

美容院に行きづらいのはなぜ?

 
いくつになっても、女性は薄毛って嫌なものです。
 
20代をピークに加齢で女性ホルモンが減って、
 
髪の毛が細くなったり、
 
抜けたりするのは当然と言われても、
 
嫌なものは嫌なんですよね。
 
 
 
しかも、気にしているだけに、
 
頭頂部も、後頭部も見られた挙句、
 
鏡で美容師さんとまじまじ目を合わせながら、
 
「薄くなったこと」を意識させられるのがつらい。
 
 
 
でも、自分でもわかっているんですよね。
 
薄毛が気になっているからこそ、
 
うまく隠せる髪型にしたいし、
 
隠し方のテクニックも教えてほしい。
 
 
 
美容院に行きづらい気持ちの奥にあったのは、
 
これ以上、薄毛や抜け毛について、
 
誰かに指摘されたり、
 
悲しい思いをしたくないという恐れでした。
 
 
 
 
でも、思い切って行ってみたら、
 
美容師さんと悩みを共有できて、
 
髪型や髪のケアまで、アドバイスをもらえるという
 
前向きな結果が出たんです。
 
 
 

隠したい部分をズバリ相談してみた

 
全体的に、髪の毛が細く、少なくなると同時に、
 
額が広くなってきていましたが、
 
毎日見ていると、マヒするんでしょうね。
 
 
 
前髪をポンパドールにしていたある日、
 
写真を見てぎょっとしました。
 
額の片方が剃りこみみたいに深くなっていたんです。
 
 
 
そこで、思い切って久しぶりに訪れた美容室で、
 
全体の薄さと剃りこみが気になる、と相談しました。
 
 
 
すると、前髪を厚めに作って、分け目を変えましょう、と、
 
あっという間に剃りこみが隠れて、
 
しかも、厚めの前髪で額の広さもカバーできたんです
 
もう感動。
 
 
 
また、全体的な薄さは、
 
パーマをかけて、ボリュームを出して、
 
髪を重ねることでカバーしましょう、と提案してくれ、
 
分け目は根元を立ち上げるようにブローするテクニックも
 
教えてくれました。
 
 
 

薄毛の女性が美容院に行くべき理由

 
美容師さんが正直なところを話してくれました。
 
1 薄毛を隠せる髪型は、相談しながら作っていく。
 
2 年齢による薄毛の場合、白髪染めまで任せてほしい。
 
3 頭皮マッサージでリラックスしてほしい。
 
4 薄毛を気にして、素敵でいることをあきらめないでほしい。
 
 
 

薄毛を隠せる髪型の提案

 
なりたい髪型と似合う髪型は違う、とよく言いますよね。
 
それが薄毛も絡んでくると、
 
なりたい髪型と、似合う髪型、薄毛を隠せる髪型は違う、
 
ということなんです。
 
 
 
髪の長さ一つとっても、
 
ロングは髪の重さでトップのボリュームが出にくいので、
 
ショートにした方がいいとか、
 
長さを保ちたいなら、
 
レイヤーを入れて根元の負担を減らすとか、
 
色んな提案ができるそうです。
 
 
 

セルフ白髪染めは止めた方がいい?

 
これは、結構おすすめされました。
 
理由は2つあって、
 
1つは、薬局等で販売される白髪染めは、
 
素人でもうまく染まるように強い薬品が使われていること。
 
 
 
もう一つは、サロンでもセルフでも、
 
白髪染め自体が地肌の熱を利用して染色するため、
 
できるだけ薬品と髪を地肌に近づける必要があること。
 
 
 
薄毛に悩むなら、頭皮に余計な負担を掛けないため、
 
薬品が地肌に付着しないようにするテクニックや、
 
頭皮用の保護クリームもある
 
サロンでの施術が絶対おすすめ、とのことでした。
 
 
 

頭皮マッサージを満喫

 
シャンプー台に行く前から、
 
カウンセリングは始まっていますよね。
 
薄毛に悩む女性は、このとき、
 
悩みをしっかり伝えたほうがいいとのことでした。
 
 
 
血行が良くなるマッサージのオプションを紹介したり、
 
普通のシャンプーでも、
 
より頭皮をほぐしてあげよう、とやる気になるみたいです。
 
 
 
また、シャンプーが怖いとか、頭皮に触るのも怖い、
 
といった悩みを伝えると、
 
頭皮マッサージの力の入れ具合とか、
 
シャンプーの選び方などを教えてくれました。
 
 

素敵でいることをあきらめない

 
私は、美容院に行きにくい、と悩んでいたときの
 
誕生月のカードがきっかけになって、
 
思い切ってかかりつけの美容師さんに
 
相談することができました。
 
 
 
そこで分かったのは、
 
美容師さんは、薄毛が気になる女性にとって、
 
心強いパートナーになるということです。
 
 
 
でも、美容院って、一回、もう嫌、と思うと、
 
次のお店を探すのが大変なんですよね。
 
スタッフやサロンとのフィーリングも、
 
美容師さんのテクニックも含めて、
 
たくさんの要素からお店を選ぶためです。
 
 
 
特に、抜け毛に悩む、つらい思いを
 
笑い飛ばすようなプロ意識のない美容師さんは
 
ぜったい嫌ですよね。
 
 
 
もしあなたが新しく美容院を探しているなら、
 
予約の電話のときに、
 
経験豊富で、髪が少ない美容師さんにお願いしたい、と
 
頼んでみましょう。
 
 
 
悩みを共有できる味方を一人でも増やして、
 
髪の毛が薄くなっても、素敵でいることをあきらない
 
人生を楽しむ女性であり続けましょう!
 

Related Post