緑茶には、薄毛対策にぴったりな栄養素が
 
たくさん含まれているって
 
ご存知でしたか?
 
 
 
身近なアイテム過ぎて、
 
意外に思えるかもしれませんが、
 
手軽に飲めて、薄毛予防になるなら、
 
これほどうれしいことはありませんよね。
 
 
 
今回は、女性の立場から、
 
緑茶が薄毛にとって
 
効果的とされている栄養素について
 
詳しくお届けします。
 
 
 

髪の生育環境を整える効果あり!

緑茶には、
 
ポリフェノール(カテキン)のほか、
 
ビタミンC、ビタミンEなどの
 
育毛にぴったりの栄養素が含まれています。
 
 
 
中でも、カテキンには、
 
・ 炎症を抑えて
 
・ 胃腸の働きを活発にし、
 
・ ストレスを抑制する
 
作用があります。
 
 
 
 
頭皮に炎症があると、
 
からだは髪の成長よりも、
 
炎症を治すことを優先して、
 
栄養を使ってしまいます。
 
 
 
また、胃腸の動きがわるいと、
 
食事で摂った栄養を
 
血液にのせて頭皮に届け、
 
髪を成長させることも難しくなります。
 
 
 
からだの状態が健康であってはじめて、
 
髪を育てる栄養が
 
十分に頭皮に届いてくれるんですね。
 

ビタミンCで頭皮のうるおい確保

女性にとって、
 
美白の面で大切なビタミンCですが、
 
実は、頭皮の健康と抜け毛防止にも役立ちます。
 
 
 
地肌の水分量を保ち、
 
頭皮に弾力を与えるはたらきを
 
してくれるのです。
 
 
 
 
ところが、このビタミンC、
 
茶葉を発酵させて作る
 
紅茶やウーロン茶では、
 
失われてしまいます。
 
 
 
お茶を淹れるときには、
 
ビタミンCのことを考えると、
 
緑茶がいちばんおすすめです。
 
 

緑茶にはアロマテラピー効果も

緑茶には、アミノ酸の一種である
 
「テアニン」が含まれており、
 
お茶に適度な甘みとうまみを与えています。
 
 
 
そして、うれしいことに、テアニンには、
 
からだとこころをリラックス
 
させてくれる効果もあるんです。
 
 
 
また、街角で、
 
お茶屋さんの前を通ったとき、
 
ふわっといい香りがしますよね。
 
 
 
同様に、
 
急須でお茶を淹れるときの香りも、
 
アロマテラピー効果があり、
 
心をリラックスさせてくれるんです。
 
 

女性の薄毛にはストレスが大敵

薄毛に悩む女性にとって、
 
ストレスは大敵。
 
 
 
ある研究によると、
 
ストレスの多い女性は、
 
ストレスの少ない女性に比べて、
 
 抜け毛の量が多い傾向があるとのことです。
 
 
 
お医者さんがすすめる薄毛対策でも、
 
生活上の注意点として、
 
・ 強いストレスを受けないこと
 
・ 栄養バランスのよい食事
 
・ たっぷりの睡眠
 
の3つが重視されています。
 
 
 
でも、はっきり言って、
 
女性としては、
 
髪が抜けること、それ自体が
 
ストレスになってしまうんですよね…。
 
 
 
気になり始めると、
 
抜け毛のことばかり考えてしまいます。
 
 
 
そんな中、丁寧に淹れた緑茶を
 
香りを楽しみながら、
 
リラックスしていただく、という習慣、
 
薄毛対策としてぜひ取り入れたいですね。 
 
 

まとめ

緑茶が薄毛にいいと教わったので、
 
早速、お茶のペットボトルと
 
急須用の茶葉を買ってきて、
 
飲み始めました。
 
 
 
ただ、はずかしいことに、
 
トイレが近くなった気もします。
 
そういえば、コーヒーや紅茶と同様、
 
緑茶にもカフェインが
 
含まれています。
 
 
 
飲みすぎに注意して、
 
今後も身近にできる薄毛対策として、
 
緑茶をいただくつもりです。
 

Related Post