お風呂上りに、排水溝を見て、
 
抜け毛の量にぎょっとすることは
 
ありませんか?
 
 
 
長めの髪だと、
 
黒々とした塊のインパクトが大きくて、
 
すごくショックなんですよね。
 
 
 
果たしてこの抜け毛の量、
 
多いのか少ないのか気になり、
 
調べてみました。
 
 

日本人女性の抜け毛の平均は?

 
実は、抜け毛本数の平均値を出すのは
 
難しいんです。
 
 
 
それは、同じ日本人でも、
 
人によって、元々の髪の本数が
 
9万本~15万本と異なるため。
 
 
 
ただ、日本人女性の場合、
 
1日100本程度の抜け毛なら、
 
自然なものなので
 
心配はないと言われています。
 
 
 
そして、その5割~7割が
 
シャンプーで抜けるとされています。
 
 

髪が何本抜けているか知りたいとき

 
一番確実なのは、
 
まず、排水溝をきれいに掃除して、
 
お風呂に入り、シャンプー後、
 
溜まった抜け毛を一本一本数えることです。
 
 
 
でも、ちょっとやりたくないですよね。
 
いくら掃除したとはいえ、排水溝の抜け毛、
 
そんなにじっくり見たくないです。。
 
 
 
そんなときは、枕や床に落ちた毛を
 
10本、集めてみましょう。
 
 
 
10本の抜け毛を
 
くるくるっとまとめてみて、
 
ボリューム感を確かめます。
 
 
 
その10倍の抜け毛が100本、
 
シャンプーで抜けるのが70本と考えて、
 
ボリューム感を比べてみましょう。
 
 
水分を含むと、髪はふくらむため、
 
排水溝の抜け毛は
 
少し多めに見えるようです。
 
 

そもそもなぜ髪は抜けるの?

髪が抜ける理由が気になるあなたは、
 
ヘアサイクルという言葉を
 
聞いたことがあるかもしれません。
 
 
 
髪は1ヶ月に1.2センチ伸びて、
 
4年~7年成長し続けます。
 
 
 
その期間を「成長期」と呼び、
 
成長が止まった時期を「休止期」、
 
次に根元から離れる時期を「退行期」と呼びます。
 
 
 
「退行期」の毛根では、新しい髪が生まれ、
 
次の「成長期」に備えています。
 
 
 
この一連の流れがヘアサイクルであり、
 
「退行期」の髪は自然に抜けるべき髪といえます。
 

抜け毛は本数よりも形状に注目

 
先ほど集めた10本の中で、
 
ほかの髪より短かったり、
 
細かったりするものはありませんか?
 
 
 
特に注目したいのは毛先部分です。
 
美容院でカットされたような
 
毛先が横にまっすぐなものと、
 
自然に細くなっているものがありますね。
 
 
 
この毛先の細い髪が
 
ほかの髪より全体的に細くて短く、
 
しかも、10本の中で占める割合が大きければ、
 
注意したほうがよいでしょう。
 
 
 
髪が十分に成長する前に、
 
「退行期」に移ってしまっている、
 
育毛を始めるべきサインかもしれません。
 
 

細い髪はコシ不足のことが多い

 
髪のボリュームを維持するには、
 
髪の毛がふわっと
 
根本から立ち上がることが大切です。
 
 
 
10本の抜け毛の根元を持って、
 
垂直方向に向けてみましょう。
 
ふにゃっ、ぺしゃっとして、
 
上に立ち上がるカーブが付かないようなら
 
コシ不足と言えます。
 
 
 
コシを与えるシャンプーや
 
ヘアエッセンスの利用を
 
開始する時期かもしれません。
 
 

薄毛のサインに早めに気づくために

 
今回、10本の抜け毛をまとめて観察してみる、
 
ということをおすすめしました。
 
 
 
薄毛のサインに気づくには、
 
普段の抜け毛の量や様子を把握しておいて、
 
いつもと違うかどうかが
 
わかることがとても大切です。
 
 
 
お風呂の排水溝の抜け毛の量も同様で、
 
・ いつもより急に増えた
 
・ 増えた量の抜け毛が続く
 
という状態になったときに、
 
あ、これはおかしいと
 
気づけるようにしておくことが大切なんですね。
 
 
 
今回の記事があなたの参考になれば幸いです。

Related Post