髪をふわっとさせるには、
 
頭皮と髪の汚れをきちんと落とし、
 
清潔に保つことが大切です。
 
 
 
それには、
 
洗髪のやり方がとても大事。
 
 
 
今回は、美容師さんから聞いてきた
 
理想のシャンプー方法について
 
お届けします。
 
 
 
ドライヤーまでの時間短縮を
 
可能にするテクニックも
 
聞いてきましたよ!
 

理想の洗髪は4ステップ

シャンプーの基本は、次の4ステップです。
 
1 予洗い
 
2 シャンプー
 
3 コンディショナー
 
4 タオルドライ
 
 
 
洗髪の目的は、頭皮と髪を清潔に保つこと。
 
乱暴なやり方だと、
 
悪臭が発生してしまう可能性も。
 
 
この4ステップの前に、ブラッシングをするよう
 
おすすめする美容師さんもいるそうです。
 
 
では、それぞれの項目を詳しく見ていきましょう。
 

1 予洗いはたっぷりのお湯で

まず、たっぷりのお湯で、頭全体を洗っていきます。
 
この予洗いで、
 
髪の汚れの約7割は落ちてしまうということなので、
 
ゆっくり時間を掛けましょう。
 
少なくとも1分は行いたいところです。
 

予洗いのポイントは3つ

(1) なるべく、湯船からお湯を汲まずに、
 
シャワー蛇口からの清潔なお湯を使いましょう。
 
 
 
(2) お湯の温度は38度を目安にしてください。
 
熱いお湯は、頭がさっぱりする気がしますが、
 
頭皮の脂を取り過ぎてしまい、よくないのです。
 
適度な脂がないと、頭皮は乾燥を起こしたり、
 
皮脂分泌が過剰になる恐れがあります。
 
 
 
(3) 予洗い完了のイメージは、
 
頭部と髪に乾いている部分がなく、
 
髪の根本と地肌の間にたっぷりお湯がいきわたり、
 
髪と地肌がお湯の中で泳いでいる状態です。
 

2 シャンプーは泡立てが大事

まず、美容師さんによると、
 
多くの人が、シャンプーを使いすぎだそうです。
 
ショートヘア~肩上の長さなら、ポンプ0.5~1回分。
 
肩甲骨を越えるロングヘアなら、ポンプ1~1.5回分。
 
 
 
この量で、髪全体に泡が行き渡らないときは、
 
1回目のシャンプーを洗い流して、
 
もう一回シャンプーした方がいいとのことでした。
 
 
 
次に、泡立てにおすすめなのが、
 
洗顔用のネット。
 
シャンプーを手に取ったら、
 
泡立てネットでたっぷり泡を立てて、
 
髪全体に泡を行き渡らせます。
 
 
 
そして、両手の指の腹を使って、
 
後頭部から頭頂部へ、
 
耳の横から頭頂部へ、
 
額から頭頂部へ、と
 
頭皮を揉みこんで行きます。
 
 
 
かゆい部分は爪を立てずに、
 
指の腹でもみもみ。
 
 
 
頭皮全体をもみ終わったら、
 
たっぷりのお湯で洗い流しましょう。
 
すすぎは、これまでの洗髪のやり方よりも
 
1分長く行うのがおすすめです。
 
 
 
たっぷりの泡で洗った髪の手触りの違いは、
 
すすぎが終わったこの時点で、実感できますよ!
 

3 コンディショナーもしっかりすすぐ

髪の毛をふわっとさせるために、
 
コンディショナーを
 
地肌に付けないよう気を付けて。
 
 
 
ショートカットなら毛先だけ、
 
ロングヘアなら、耳より上にはつけない、
 
と覚えておきましょう。
 
 
 
その後、
 
シャンプーと同様に、すすぎをしていきます。
 
 
 
ここで注意したいのは、すすぎの甘さ。
 
コンディショナーは
 
髪に少し残っていた方が手触りがいい、と
 
洗い上りが甘い人が多いそうです。
 
 
 
でも、 すすぎ残しは厳禁。
 
頭皮や髪に汚れとなって付着し、
 
頭皮の荒れや悪臭、
 
ボリュームダウンの原因になってしまいます。
 
 
 
 
洗い流したお湯に
 
小さな泡が紛れ込まなくなった時点から
 
プラス1分、
 
たっぷりのお湯で流しましょう。
 

4 タオルドライで時間短縮

忙しい夜は、ドライヤーが面倒くさい、
 
そう思ったことはありませんか?
 
 
 
そんなあなたにおすすめしたいのが、
 
タオルドライを見直すこと。
 
 
 
ついつい、毛先からしたたる水に
 
意識が行きがちですが、
 
 
実は、頭皮についた水分がポイント。
 
 
 
髪の根本と頭皮の水分をしっかり取ることで、
 
ドライヤーにかかる時間を
 
短縮することができます。
 
 
 
タオルは自分の使いやすい厚みのもので大丈夫。
 
片手でつかみやすい大きさにたたんだら、
 
地肌のパーツごとにタオルを押し当てて、
 
頭皮の水分をタオルに吸い取っていきます。
 
 
 
その後、髪全体を少しずつタオルで挟み、
 
水分を取っていきましょう。
 
 
 
 

まとめ

髪をふわっとさせるための基本は、
 
頭皮を清潔に保つこと。
 
 
 
そのためには、
 
毎日の洗髪を丁寧に行うことが
 
とても大事なんです。
 
  
 
この記事が、
 
今日のシャンプーから試してみる
 
きっかけになれば幸いです。

Related Post