温かい室内でも頭皮に冷たい感覚がするとき、
 
頭皮や毛根では何が起きているのでしょうか?
 
私、一年中冷え性で手足が冷たいのですが、
 
これって関係あるのかも?
 
そこで、今回の記事では、
 
頭皮の冷たい感覚と薄毛の関係について調べてみました。
 

頭皮に冷たい感覚がある!これって髪の毛に悪いの?

 

髪が薄いから頭皮が冷たい…わけじゃない?!

調べてみると、頭皮の冷たい感覚と髪の毛の薄さには、
 
血行の悪さという相互関係がありそうです。
 
実際、髪は髪は頭皮を刺激から守る毛布のようなものなので、
 
外気の暑さや寒さから頭皮を守り、紫外線を防ぐ役割のほか、
 
ちょっとした刺激でも擦りむき傷等になるのを防いでくれています。
 
その意味で、髪の毛が薄くなると、
 
頭皮が風や冷気を感じやすくなるのは事実ですが、
 
逆に、頭皮が冷たいから、髪が薄くなるのかもしれません。
 
 

頭皮の血行を意識してみると…

髪の毛が育ち、伸びるのは、毛根で細胞分裂が繰り返されているからです。
 
そのために必要な酸素と栄養は、
 
頭皮に張り巡らされた毛細血管によって届けられています。
 
つまり、頭皮の血行が悪くなると、
 
元気な髪が育ちにくくなってしまうのです
 
 
 
また、血行が悪くなると、もう一つ不快な症状が出てきます。
 
それは、冷えやしびれといった症状。
 
あなたも手足の冷えで悩んでいるなら、
 
血行の悪さを実感しているかもしれませんね。
 
冷え性の女性の体では、体の中心温度を保つために、
 
手足の末梢の血管が収縮し、体の中心部に血液を集めているのです。
 
つまり、
 
頭皮の血行が悪くなる
 ↓
頭皮に冷たい感覚が生まれる
 ↓
髪の成長に悪影響を与えてしまう
 
といった恐れがあるのです。
 

頭皮のために!お風呂習慣を見直してみる

忙しいと、ついついシャワーで済ませてしまい、
 
湯船に湯を張ることもできないですよね。
 
でも、ゆっくりとお風呂につかることは、
 
全身の血行をよくして、疲労回復に効果があるため、
 
良質な睡眠につながりやすくなります
 
髪に悩むあなたにはぜひ取り入れてほしい習慣の一つなんです。
 
また、このとき、入浴前にコップ1杯の水を飲むと、
 
血液の濃縮を防いで、血流促進に効果があります。
 
 
 
そして、湯船でぜひ行いたいのが頭皮マッサージです。
 
頭皮マッサージは毛細血管にダメージを与える、という意見もあるようですが、
 
たとえ傷んだとしても、
 
毛細血管はまた復活するというのがお医者さんの意見のようです。
 
このため、頭皮を爪や指で強くこすったり、かきむしったりするのではなく、
 
指の腹で頭皮を優しく押す、揉むマッサージはぜひ取り入れたいものです。
 
頭全体で1分程度の短時間でも、頭がすっきりした感じが出てきます。
 
同時に耳を上下に優しく折りたたんだり、揉み込んでいくと
 
とっても気持ちがいいですよ。

頭皮と髪にいいメニューとは

頭皮の冷たさ強く感じるなら、末梢神経のケアにも気を遣いたいもの。
 
豚肉に多く含まれているビタミンBは、
 
末梢神経炎に効果があるとされています。
 
また、豚肉は、タンパク質も豊富なため、
 
髪の毛を育てるにはぴったりの食材の一つです
 
体を温めるには、
 
にんじん・ごぼう・しょうがなどの根菜類がよいとされているので、
 
寒い季節にぴったりの豚汁や、
 
夏に食べたいブタの冷しゃぶときんぴらごぼうなどのメニューで
 
上手に取り入れたいですね。

まとめ

頭皮の冷たい感覚と髪の毛の成長には、
 
血流を通じて密接な関係があるといえそうです。
 
自分の手でマッサージすることで、
 
頭皮の変化や異常に気付きやすくなるというメリットもありますので、
 
ぜひ、頭皮マッサージを取り入れてみてくださいね。

Related Post