妊婦さんに起きるからだの変化の中でも、
 
頭皮の臭いは
 
大きな悩みとなることが多いです。
 
 
 
なぜ妊娠中は
 
頭皮が臭ってしまうのでしょうか?
 
 
 
また、悪臭をなくすには
 
どうしたらいいのでしょう。
 
 
 
今回の記事は、妊婦さんが
 
自宅でできるケアを中心にお届けします。
 
 

臭いの原因は、皮脂だった!?

 
頭皮の臭いの原因は、
 
過剰に分泌された皮脂であることが多いです。
 
 
 
本来、皮脂は、
 
頭皮を保護してくれる大事なもの。
 
 
 
頭皮の常在菌のエサとなって、
 
汗とまじりあい、
 
乳液のように、地肌を刺激から守り、
 
潤いを守ってくれています。
 
 
 
その皮脂が過剰に分泌されると、
 
酸化が進み、
 
何ともいえない嫌なにおいがするのです。
 
 
 

皮脂の分泌バランスが崩れる理由とは?

 
なぜ皮脂が過剰に分泌されるのでしょうか?
 
まず、妊娠中のからだでは、
 
ホルモンの関係で、
  
皮脂の分泌量が増えています。
 
 
 
皮脂は頭皮のベタつきにもつながるため、
 
髪の毛をふわっとさせたいとか、
 
地肌を清潔に保ちたい、とシャンプーで
 
ごしごし洗っているかもしれませんが、要注意。
 
 
 
皮脂を洗い流し過ぎると、
 
頭皮の乾燥を防ぐために、
 
余計に皮脂が分泌されてしまうのです。
 
 
 
例えば、お湯で皿洗いをしたときは、
 
水でしたときよりも、手肌が乾燥し、
  
ガサガサしてしまいますよね。
 
 
 
頭皮の皮脂腺は、
 
手の甲よりも数が多いため、
 
ガサつきを治そうと、
 
皮脂を出す量も増えるというわけです。
 
 

妊娠中はシャンプーしない方がいい?

 
薄毛を研究するお医者さんの中には、
 
シャンプーなしで、
 
ぬるま湯や水で洗うだけの方がいい、
 
という先生もいるくらいです。
 
 
 
でも、泡で汚れを落とすという
 
これまでの洗髪のやり方を突然変えるのは、
 
 戸惑いもありますよね。
 
 
 
そこでおすすめなのが、
 
シャンプーを変えることです。
 
 

洗浄力弱めのシャンプーを選ぶ

 
一般的なシャンプーは、
 
頭皮や毛穴の汚れを落とすことを目的に、
 
強い洗浄力を持つものが多いです。
 
 
 
洗いすぎによる
 
皮脂の分泌過剰を防ぐためには、
 
マイルドな洗浄力で
 
優しく洗うのがおすすめです。
 
 
 
産科ですすめられるシャンプーや、
 
市販でも、アミノ酸シャンプーを使うと
 
よいでしょう
 
 

頭皮ごしごしは、今日から卒業!

シャンプーのやり方の中でも、
 
2つ注意したい点があります。
 
 
 
1つは、予洗いをしっかり行うこと。
 
 
 
 
整髪剤をつけずに過ごした日は、
 
たっぷりのお湯で予洗いするだけで、
 
汚れの7割は落ちるといいます。
 
 
 
もう1つは、指先の力の入れ方。
 
爪を立ててガリガリと洗うのは、絶対にNG!
 
頭皮に傷がついてしまいます。
 
 
 
また、皮脂分泌を抑えたいなら、
 
地肌をごしごしと洗うのもやめましょう。
 
 
 
やわらかいお豆腐の表面を
 
優しくなでるくらいの
 
力の入れ方がおすすめです。
 
 

終わりに

 
妊婦さんの場合、
 
家でゆっくり過ごしていても、
 
なぜか頭皮が臭う、と
 
悩むことが多いようです。
 
 
 
ホルモンの関係で
 
皮脂の分泌が増加することは
 
避けられません。
 
 
 
ただ、日ごろのシャンプーで
 
対応できる部分もあるので、
 
あきらめずに頭皮の臭い対策をして、
 
少しでも快適な妊娠期間となりますように。 

Related Post