産後、ごーっそり前髪が抜けた後、
 
ようやく生えてきたと思ったら
 
中学生男子の前髪みたいな短い毛が集中して生えてきました。
 
鏡を見る度、ツンツンの髪がボワンと塊になっていて、
 
産前の自分のイメージと全然違っていてショックだったし、
 
自宅にいるときはまだしも、
 
お出掛けしなきゃいけないとき、とっても困りました。
 
そこで今回の記事では、
 
産後、ようやく生えた髪がツンツンして
 
困っているあなたにおすすめの髪型や対策をお届けします。
 

産後の髪がツンツン…何とかしたい!

 
 

産後の髪がツンツンなのは喜ぶべき?

元々、妊娠中に女性ホルモンのおかげで抜けなかった髪が
 
産後一気に抜けるだけ、とはいうものの、
 
抜け毛が始まってから治まるまでの期間は悪夢のような日々ですよね。
 
ですから、地肌が見えていたところに、髪の毛が生え始めた時は、
 
本当にうれしいものです。
 
その意味では、産後の髪がツンツンするのも、
 
無事に髪が生えてきて、伸びているというサインなので、
 
喜ぶべきだということは分かるんです。
 
でも、当然、生え始めて一週間で元の長さに戻るわけもなく、
 
ツンツンがしばらく続くわけで…
 
生えてきてくれてうれしいからこそ、
 
あのまま抜けなければよかったのにとか、
 
こんなツンツン頭じゃ外に行けない、
 
と複雑な思いになってしまうんですよね。
 

ツンツンが落ち着くまでの期間とは?

日本人女性の場合、1か月に伸びる髪の毛の長さは、
 
1~1.2センチ程度と言われています。
 
つまり、前髪のツンツンが落ち着くまでには、
 
額の生え際から、目のあたりまで届く長さが伸びるまでの
 
約半年~8ヶ月程度が必要という計算になります。
 
ただ、ツンツンが目立たなくなるのは、もっと早い時期かもしれません。
 
それには、髪の長さに関係があります。
 

短い髪はなぜツンツン目立つの?

短い髪と長い髪では、根元の立ち上がりの力が異なります
 
髪には、長さの分だけ重力がかかるため、
 
長い髪はよりぺたんこになりやすく、
 
短い毛はより立ちあがりやすくなるのです。
 
1センチの長さの髪と、5センチの長さの髪では、
 
ツンツン度合いが違ってくるため、
 
日がたって、伸びれば伸びるほど、
 
どんどんツンツンは目立たなくなるのです。
 
 
 
この短い髪が立ち上がりやすい特色を
 
生かした髪型がショートカットです。
 
抜け毛でボリュームがなくなったママにおすすめ、
 
と言われることが多いのも、
 
根元が立ち上がりやすくなり、
 
トップのボリュームが出やすくなるため、
 
髪全体がたっぷり、ふわっとしている印象を与えやすくなるのです。
 

ツンツンの半年を乗り切るために

産後の抜け毛で一番多く聞かれるのは、
 
前髪とこめかみの毛がごっそり抜けた、という声です。
 
 
その結果、前髪が生え戻ってツンツンになると、
 
余計目立ってしまうんですよね。
 
そんなあなたにおすすめしたいのは、次の4つの方法です。
 

1.前髪を厚めに作る

美容院に行ったときに、トップの髪から持ってくるぐらい、
 
厚めの前髪を作ってもらいましょう。
 
ツンツンを上から押さえつける効果と、目隠しの効果があります。
 
職場に早期復帰するママや、
 
入学式などの改まった席でも、これなら安心です。
 

2.前髪の部分ウイッグを付ける

前髪が復活するまでの期間限定、と割り切って、
 
部分ウイッグを付けるのもおすすめです。
 
産後は頭皮が敏感になっているため、
 
刺激の強いエクステはやめて、取り外し自由なウイッグを選びましょう。
 
ただ、入学式などの写真を撮る場面に利用する場合は、
 
日光と蛍光灯の下で、
 
地毛との色ツヤの違いが気になるかもしれないので、
 
事前に髪質や髪色がチェックできるよう、
 
日付に余裕を持って注文しましょう。

3.帽子をかぶる

産後の抜け毛の時期にも大活躍してくれた帽子ですが、
 
髪がツンツンの時期を乗り切るにも強い味方です。
 
深くかぶれば、前髪が短くても心配無用です!
 
 
 
お出かけ前に自宅でかぶって
 
ツンツンを落ち着かせる、という使い方もあるようですが、
 
夏など、蒸れが気になるときは、あえて帽子をかぶらなくても、
 
準備中の間だけと割り切って、通気性の良い薄手のタオルを巻き、
 
後ろで縛っておくのでも代えられます。

4.広めのターバンを付ける

これも、ツンツンを隠してしまうのと
 
上から押さえて寝かせつけるという2つの目的が
 
一度に達成できる方法です。
 
ただ、毎日使いすぎると、毛の流れに逆らうことになり、
 
せっかく生えてきた前髪の根本に負担がかかってしまうため、
 
外出から帰ったら外す、というルールをつくるとよいでしょう。
 

産後の髪はトラブルの種がたくさん!

今回の記事では、産後の前髪のツンツンを中心に、
 
伸びる期間の目安や
 
目立たなくする方法についてお送りしてきました。
 
ただ、せっかく生えてきた髪を大事に育てるためには、
 
外出時の髪型だけではなく、頭皮の状態を整えることも重要です。
 
 
 
産後のママの髪にまつわるトラブルは、
 
抜け毛の後のツンツンアホ毛のほか、
 
白髪が始まった、パサつきがひどくなった、という人も多いのです。
 
出産の前後で大きく変わるホルモンバランスに加えて、
 
眠れない、育児と家庭のストレス、
 
食べてもお乳でママの栄養は空っぽ、、などなど、
 
健康な髪を育てる上では避けたい事態も、
 
産後は次から次に起こってしまうためです。
 
 
 
健康な髪を育てるには、草木を育てるのと同じで、
 
大地にあたる頭皮のケアがとても大切です。
 
これまでどおりのシャンプーを使っていて、
 
かゆみが出た、頭皮から悪臭がする、
 
という悩みが出始めたら、
 
ぜひ、授乳中でも安心して使える、
 
ママの頭皮ケアを考えたシャンプーを使ってみてくださいね。
 

Related Post