抜け毛に悩み始めたら、
 
亜鉛を摂りましょう、とよく言われますよね。
 
ただこの亜鉛、
 
抜け毛に悩む女性にとってうれしい効果がある反面、
 
正しい知識の下で摂取しないと、
 
副作用もあり得るんです。
 
今回は、亜鉛を摂るときに女性が気を付けたい
 
副作用についてお送りします。
 

サプリだと摂り過ぎる?!亜鉛の落とし穴

18才以上の日本人女性の場合、
 
亜鉛の一日の理想の摂取量は
 
8mg程度とされています。
 
ダイエットをしていると、不足しがちな栄養素なので、
 
あなたも、亜鉛の入ったサプリメントを
 
飲んでいるかもしれません。
 
サプリメントのタグをよく読むと、「充足率」として、
 
1粒あたりに含まれる亜鉛の1日の必要量への割合が
 
書かれているはずです。
 
これは、亜鉛を取り過ぎると、銅の吸収が阻害され、
 
赤血球や骨の形成を邪魔してしまうため、
 
それを防止するための注意書きでもあるのです。
 

他にもある!亜鉛の過剰摂取の副作用

特に食事制限がない場合、女性は平均で7.2mg、
 
食事から亜鉛を摂取できているとされています。
 
このため、普段の食生活にサプリメントを足している場合、
 
大量に摂り過ぎると、副作用をもたらす恐れがあります。
 
急性亜鉛中毒になると、
 
胃障害やめまい、吐き気を起こすとされています。
 
また、継続的に過剰摂取することで、
 
銅欠乏症や鉄欠乏症を引き起こし、
 
貧血や免疫障害、神経症状、下痢などが
 
起きる可能性があるのです。
 
このため、サプリの推奨摂取量は必ず守りましょう。
 

でも、髪のためにはやっぱり不可欠

過剰摂取は控えたいものの、
 
亜鉛が不足するのは髪の大敵といえます。
 
これは、亜鉛が細胞分裂を助けるから。
 
毛根は、からだの中で最も細胞分裂が活発な部分です。
 
1か月で1.2センチもの成長がみられる組織は、
 
他にありません。
 

亜鉛が大事な理由-不足するとこんな症状が!

亜鉛が不足すると、
 
味覚障害が起きることがよく知られています。
 
また、亜鉛は免疫機能を助けるため、不足すると、
 
皮膚炎や甲状腺機能の低下、
 
傷の治りが遅くなるなどの症状が出ます。
 
また、生殖機能の低下についても影響があるとされており、
 
女性の場合は、無月経につながるおそれもあるのです
 
 

食物繊維を摂り過ぎると、亜鉛が不足する?!

便秘に悩みがちな女性の場合、
 
食物繊維を積極的に摂らなくちゃ!と思いますよね。
 
ただ、亜鉛不足の原因の一つに、その食物繊維があるんです。
 
食事で摂った亜鉛は、腸で吸収されるため、
 
食物繊維が排泄を促進しすぎると、
 
吸収前に食物が体外へ出てしまい、亜鉛が不足するのです。
 

カキが苦手でも大丈夫!亜鉛が多く含まれる食品

亜鉛と言えばカキ、と言われるほど有名ですが、
 
苦手な人も多い食材ですよね。かくいう私もその一人。。
 
でも、カキ以外の食品でも、十分摂取可能なんです!
 
ここでは、植物性と動物性に分けて、
 
100g当たりの亜鉛含有量と
 
食品の持つうれしい効果も合わせてご紹介します。
 
植物性食品
・いりごま(5.9mg)(頭皮の新陳代謝を助ける)
 
・高野豆腐(4.1mg)(髪の素であるたんぱく質)
 
・アーモンド(4.4mg)(ビタミンEで抗酸化)
 
・味付け海苔(3.7mg)(ビタミンB12)
 
・えんどう豆(3.5mg)(カリウム、ミネラル、ビタミン)
 
動物性食品
・豚レバー(6.9mg)(加熱調理必須。たんぱく質)
 
・粉チーズ(7.3mg)(カルシウム、ビタミン12)
 
・牛肩肉(4.9mg)(たんぱく質、脂質)
 
・鶏卵黄(4.2mg)(アミノ酸、各種ビタミン)
 
これらの食品をうまく組み合わせることで、
 
食事から十分な量の亜鉛を摂ることができます。
 

終わりに

忙しくて、食事の栄養バランスがとれないときって、
 
この食事だと、髪に悪いのかな…と
 
不安になることもありますよね。
 
そんな時に、強い味方になるのは、やっぱりサプリメント。
 
でも、亜鉛には、過剰摂取も、不足するときも、
 
副作用があることがわかりました。
 
うまくサプリメントと付き合って、
 
いつまでも髪の毛をふわっと保ちたいですよね。
 
今回の記事があなたの参考になりましたら幸いです。

Related Post